ダイエットをして痩せたとしても顔が痩せないと痩せて見えません。
顔が大きいと太って見えてしまい損です。

顔の大きさというものは骨格の問題も大きいですが、脂肪が付いて大きく見えているタイプなら
痩せることで顔が小さくになります。

顔を痩せるには体の大きな筋肉を鍛えるトレーニングをすれば良いと思われます。
なぜ顔を痩せるのに体の筋トレが良いかというと体幹に大きな筋肉をつけることにより
脂肪を消費し顔に脂肪がつきづらくなるからです。
筋肉を付けるというのはそう簡単なことではないですが、長期的に見れば筋肉を付ければ体型維持もしやすいです。

例えばボディービルダーの人の顔はとても引き締まっています。
その分体脂肪率を低く絞っているのもありますが。
痩せて見えるけど、筋肉がない人は体の細さに対して顔がふっくらしている傾向があります。

 の方法としてカラオケも使えます。
歌うことは表情筋をよく使うので、 顔がすっきりしてきます。
カラオケの機械にはカロリー消費機能もついています。
フリータイムなどを活用して長時間カラオケをやればその消費カロリーも大きくなります。 

あとは生活習慣ですね。
なるべく外に出る。仕事をしていると顔は引き締まってきます。
家に篭もりがちの生活をしていると、やはり締りのない顔になります。

食べるときは硬いものなどをよく咀嚼すると良いらしいです。


リンパマッサージは女性の方がよくやってるイメージがありますね。
顔に溜まった老廃物を取り除き、フェイスラインがすっきりするようです。