私が摂食障害を克服したきっかけについて書いていきたいと思います。

私は大学時代にダイエットのやり過ぎで摂食障害になり、体重が90→55kgまで落ちました。

摂食障害を克服したきっかけは、階段の登り降りをしている時に倒れて、命の危険を感じたからです。

階段を下りている時に急にフラっとなり視界がブラックアウトしたのです。

自分は身長が高い(180㎝)ので、体重55kgはほぼ限界まで痩せている状態でした。

痩せすぎて体力が無くなり大学にも通えなくなり中退しました。

流石にこのままではヤバイと感じ、少しずつ食事を普通に取るようになり近くのジムにも通い始めました。

その後1年で体重は10kg増加しましたがそれでも65kgでまだまだ細かった。
ちなみに今は90kgくらいあり、元の体型に戻っています。
しかし自分にとってはこれくらいが丁度良い体型なので無理に痩せようとは思いません。


拒食症になっていた時は強迫観念が強かったと思います。
すでにガリガリまで痩せていてもまだ痩せたいとか少しでも肉が付いているのが嫌でしたから。

摂食障害はダイエットがきっかけでなることも多いので、気を付けましょう。

過食嘔吐は習慣化するので、意識的に抑えるようにしなければ治すことは難しいと思います。