摂食障害が治るきっかけを書いていきたいと思います。
要は摂食になる人は、痩せた自分でないと他人に認められないと思っているのです。

だから痩せているということに「全ての価値」を置いています。
囚われているのです。
摂食障害になる人はわりと綺麗で美意識の高い人が多いのが特徴です。

摂食障害を治すには、「食べ物への執着」を無くすしかありません。
欲や執着を手放すのです。
徐々に食べたり食物を吸収することに慣れていく。
そしたらまあ10kgくらい増えるかもしれませんが、それで良いのです。

健康的な体型になれば、ありのままのあなたで生きられるようになります。

過食なんてのも結局、食事制限の反動で起こりますからね。
普通の食生活をしていれば過食衝動は起こりません。

とにかく痩せていれば美しいとかそういうことよりも
もっと他のところに価値を見いだすことが摂食障害が治るきっかけになります。
何か新しい趣味を始めてみると良いかもしれません。
そしたら少しくらい太ってもなんの問題もないということが分かってきます。