2ba7b1170b2ab3567041c9eefeaa4e5c_s (1)

ダイエットしたいけど、つい食べてしまう人って多いですよね。

痩せたいのに食べてしまう人の心理について書いていきます。

☆食べても太らないと思っている。
痩せたいのに食べてしまう人はこのくらいなら食べても太らないだろう..
と理由を付けて食べてしまいます。
このくらいなら食べても太らない。が何回も積み重なりデブになります。
知らず知らずの内にカロリーオーバーしてしまうのです。

☆家に食べ物があるから食べてしまう
冷蔵庫に食べ物が入っていると、食事制限をしていてもつい食べてしまいます。
目の前にある物の食欲には、人間なかなか勝てないものなんですね。
本当に痩せたいと思うのであれば、買い置きはなるべく減らすべきです。

☆食べることでストレスを解消している。
過食癖が付いている人は痩せたいと思っていても食欲を抑えることが出来ません。
炭水化物を過食する=快楽。ストレス解消という思考回路が形成されてしまっているからです。
こういう人は一旦、食べ物のことを考えるのをやめて違うことに意識を向ける必要があります。
またストレス解消を運動で行うようになれば健康的に痩せられます。

☆食事制限の反動
極度な食事制限をしていると低血糖状態になります。
低血糖になっているときに、パンやご飯などの炭水化物を食べると
血糖値が急激に上がり過食に火が付いてしまいます。いわゆるドカ食いですね。
ドカ食いの対策はゆっくり噛んで食べるとかGI値の低いものを食べることで
血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

☆承認欲求が満たされていない
頑張っているのに認められないとか承認欲求がなかなか満たされない人は
食べることによって心の飢えを満たそうとします。
そもそも痩せようとしている人は、周りの人によく見られたいとか
自意識過剰な傾向があり、承認欲求の強い人が多いのです。
ありのままの自分を受け入れてもらえる環境を見つけることが大事です。

以上が痩せたいのに食べてしまう人の心理です。
食欲には勝てないものなので食べてしまっても自己嫌悪に陥る必要はありません。
対策をきちんと行うことで無駄なカロリー摂取を減らしていきましょう。